pc games itunes gift card frontline designs coupon code blonde moment gifts bath and body works coupon codes september 2013 12 gifts of christmas movie reviews

ラーメン

日本には、ラーメン以外にも蕎麦うどんなどさまざまな麺料理がありますが、ラーメンと他の麺類との決定的な違いは中華麺を用いていること。そして、この中華麺を作る際に使われるのが、「かん水」というアルカリ塩水溶液です。「かん水」を入れることで、うどんや蕎麦とは違った、中華麺独特の風味や食感・色合いとなります。店や地方によっては、「かん水」を使わずにラーメンの麺を作ることも稀にあるものの、厳密には「かん水」が入らない場合、日本の規約上ではうどんに分類されるのです。すなわちラーメンにおいて、もっとも重要なのは麺。どうしてもスープに目が行きがちなラーメンですが、ぜひ麺の味わいにも注目してみてください。

ラーメンの味 基本の5種類

    1. 醤油ラーメン
    2. 塩ラーメン
    3. 味噌ラーメン
    4. 豚骨ラーメン
    5. 鳥白湯(とりぱいたん)ラーメン

 

  1. 醤油ラーメン

日本では、もっとも一般的なラーメンが醤油ラーメンです。今から100年ほど前、東京浅草にあった日本初のラーメン店でも、醤油ラーメンを提供していたそうです。醤油をベースとしたタレに、豚や鶏・魚介などから取った出汁を合わせて作りますが、醤油や出汁の種類は店や地域によってさまざまです。そのため、一言で醤油ラーメンと言っても味は千差万別。合わせる麺によっても、食べた時の印象はかなり異なります。

 

2. 塩ラーメン

一般的には、あっさりしているとされるのが塩ラーメンです。塩は醤油や味噌と違ってそれ自体に色味がないため、合わせる出汁も透き通ったものにすることで、透明感のある見た目となります。醤油ラーメンや味噌ラーメンと比べて素材の特徴が出やすく、ごまかしが利かないラーメンとも言えるでしょう。また、最近では塩ダレや出汁にたっぷりの旨味を持たせた、しっかりした味わいの塩ラーメンも多く見かけるようになりました。

 

3.味噌ラーメン

醤油ラーメンや塩ラーメンほど食べられる店は多くないものの、味噌ラーメンも日本人には親しまれています。それにはやはり、北海道札幌味噌ラーメンによる功績が大きいでしょう。中華鍋で、味噌や野菜、さらに出汁を注いで高温で炒めることで、味噌ラーメン独特の風味が生まれます。表面には多めのラードが浮かび、こってりした味わいとなると同時に、蓋の役割をしてスープが冷めるのを防いでくれるのです。

 

4.豚骨ラーメン